Woocommerce Menu

患者のケアも病院での仕事の一つ

看護師として病院で働く時の主な仕事が、治療の補佐をしたりなどの医療行為になります。つまり、患者さんの怪我や病気を治す事が一番大事な仕事です。しかし、看護師の仕事はそれだけではなく、他にも大事な仕事があります。その1つが、患者さんの心のケアであり、患者さんは病気や怪我によって不安になっている事があります。
特に入院している人は、軽い病気や怪我でないことが多く、自分の病気や怪我は治るのか、社会復帰できるかなどいくつかの不安を抱えている事が多いでしょう。その時に、看護師は患者さんの不安を和らげることが必要であり、もし不安を少しでも払しょくすることが出来ると前向きに治療に専念してくれる可能性が高くなります。患者さんが前向きに治療に励んでくれると、医師や看護師も治療しやすい状況になるので、看護師が患者さんの心のケアをどれだけ行えるかが重要でしょう。
ただ、こちらが考えている以上に患者さんは不安になっている可能性があります。特に重たい病気や怪我になっている人や長期入院している人は心身が不安定になっている可能性が高く、軽はずみな言葉をかけないようにします。
看護師経験が浅い場合は、どのようにすれば患者さんの不安を和らげることが出来るのかを理解できていないことが多いので、先輩看護師にアドバイスをもらって慎重に患者さんの心のケアをしていく必要があります。
患者さんがどのような事を考えているのかを把握するのは大変ですが、看護師が患者さんの支えになる事が出来ればやりがいも感じられ、大きな励みになります。