Woocommerce Menu

病院の仕事にやりがいを感じる

病院の仕事にやりがいを感じる人は少なくないでしょう。やりがいを感じる瞬間としては、患者さんから感謝されたときです。看護師は病院の中でも患者さんと接する機会が多い仕事です。そのため、患者さんやそのご家族に感謝される機会は多いです。
怪我や病気が治って患者さんが感謝をするのは、接する機会が多かった看護師に対してでしょう。看護師はその言葉をもらうと、やりがいを感じます。ほかに、患者さんから頼りにされたときにもやりがいを感じることがあるでしょう。病院に来ると不安な患者さんは多いです。そのため看護師を頼りにすることがあります。困ったことや悩みを看護師に打ち明ける患者さんの力になれたときに、一緒に頑張ろうとやりがいを感じるのです。患者さんの支えになれたら、看護師になってよかったと思えるかもしれません。
また、医師から感謝されたときにやりがいを感じるという人もいます。医師だけでは病院は運営できません。医師を支える看護師がいて、病院が機能するのです。そのことを知っている医師は看護師に感謝することを忘れません。言葉だけでも医師からありがとうと言われれば嬉しいものです。その言葉を胸にしまって次の日の活力にします。
もう一つやりがいを感じるときがあるとすれば、亡くなった患者さんの遺族から、ありがとうございましたと言われたときです。最後に手厚い看護を受けられて患者さんが幸せだったと言われると、胸がつまります。しかし、次も頑張ろうと思うのです。